子供たちだけでも、スムーズに病院に掛かれる環境を整えていきたいものです。

小児科医の普及
小児科医の普及
小児科医の普及

小児科医の普及

超高齢化社会で、医師不足が問題になっています。
若い世代の人口が不足しているのでどうしても逃れられない問題になっているのです。
少子化の問題もあるのですが、小児科医も不足していて大人も子供も満足に病院に通うことができない環境が増えてきているようです。
医療を支えていく立場の人は、この問題をどのように考えているのでしょうか。
少子化で小児科の病院が少なくなる一方で、小児科が足りない地域も増えているのです。
毎日予約でいっぱいなのでスムーズに診てもらえないことから、病院に行かない子供も増えているようです。
病院に連れて行くべき症状でも、親が面倒だと感じて病院に連れて行かないケースもあるので、緊急ではない限り予約でいっぱいな状況はとても困ります。
もっと小児科を増やしてほしいものです。
病院だけではなく、保育所なども同じことが言えます。
子供を保育所に預けて働きたいと思う人は多いのですが、保育所がいっぱいで待機しないといけないのです。
いつまでたっても仕事に戻ることができないので、収入が激減し、生活保護をもらわないと生活ができない状況の人はとても多いのです。
特に、医療問題は何とか改善させていきたいものです。
人口を増やすための努力をしても、それに周りが対応して行けていないのが現実なので、不便な世の中にならないように取り組んでいくことが大切です。
自分もいつか病院にお世話になる時があると思います。
スムーズに診察をしてもらえるような環境になっていると良いものです。
病院の待ち時間が長くてストレスを感じてしまう人は多く、病院は嫌なイメージがついているようです。
せめて子供たちの環境だけは整えていきたいものなので、小児科をもっと普及していき、お医者さんに見てもらえる環境を作ることが大切だと思います。
これから医者になろうと頑張っている人は、小児科医を目指すのも良いと思います。
将来が期待できる小さな子ども達をしっかりと育てていけるように、しっかりと取り組んでいきましょう。

健康・医療でも話題の医療は、このサイトをブックマークしましょう☆

Copyright (C)2016小児科医の普及.All rights reserved.